2012年05月14日

benikinokobito *こびとづかん×宇超天*

ucho2-lauae.jpg






benikinokobito












きのこの山の
その中に
こびとづかんの
あのお顔。






ucho4-lauae.jpg


たっぷりの愛情と
要教育3日以上を
経て
風薫る季節に
やってきました。









いつも居る
秋の風景とは
まるで別世界。
キラキラ輝く
葉のスイングに
心躍らせながら
目にするものを
あれこれ
楽しんでいる
ベニキノコビトさん。




beni5-lauae.jpg



     ミセバヤの
     ぷっくりした
     リーフたちを
     あしらって
     ベニキノコビト
     2012 SSコレクション!










ピンクの縁取り
かわいい
リーフの房を
かさに添えたら
5月の
妖精気分に♪
リボンの
アクセントにも
コロンと2房ね。




beni7-lauae.jpg


クールビズ対応。
トウチンは
取り外せるから
亀仙人ごっこも
できちゃうんだよ!









最近一気に
暑くなってきて
秋から来た
ベニキノコビトさんには
ちょっと辛い
気温変化。
たまには日陰で
頭涼やかに
しながら
体温調節を
しないとね。




beni9-lauae.jpg


    
     太陽の下に
     戻ったら
     マーロウの花が
     お出迎え。
     ハーブとも
     お友達に
     なっちゃった〜









そして
家の中では
なにやら
珍しいものを
発見したようです。





beni2-lauae.jpg

     プルメリアの
     花を添えた
     ウッドサンダル。
     いつも裸足だった
     ベニキノコビトさんを
     待っていたかの
     ように
     ピッタリはまって!
     まるで
     シンデレラ気分☆







「ぼくも
このお姉さん
みたいに
踊ってみたいなぁ」




そしてついに・・・







beni-lauae.jpg








aloha〜*













今まで
触れたことの
なかった
アロハな雰囲気に
魅了され
イプ片手に
ちょっとワイルドな
自分発見!


新境地開拓は
これからも
続くようですよ♪





ucho-lauae.jpg


     ベニキノコビトさんは
     JM蒲田
     城南村田
     宇超天組合の
     松本さんが
     自信をもって
     採集&認定。
    






クオリティに
こだわった
ソフトビニール人形を
生み出している
『uchouten商店』



てづくりの
心に響く繊細さと
本物のよさが
あふれていて

一度目にしたら
気になって
仕方が無い・・
そんな人形が
いっぱい!


こびとづかんは
もはや
子供だけのものでは
ないのだ。
大人女子に是非
可愛がって欲しい
新しさなのよぉ〜*
posted by lauae at 15:00| f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

Old Street Clock

oc6-lauae.jpg







Old Street Clock
















ガス燈に照らされた
運河の水面が揺れる光景を
ふと思い出すような心地よさ。
流れる時間を静かに刻む
クラシカルな雰囲気の街角時計。


ELISEでみつけた
『オールドストリート ボスサイドクロック』




oc4-lauae.jpg



     マットなアイアンの
     アンティーク仕上げ。
     ダブルフェイスで360度回転の
     動きあるデザインだから
     微妙な角度の調整も出来ちゃう。
     ハンギングタイプは圧迫感がないし
     美しいフォルムから
     古き良き時代をも感じられて☆









ダークブラウンは
白壁にもアイボリー系にも合うし
ソフトに映って
冷たい印象にならないの。





oc3-lauae.jpg







     必要なのは単三電池。
     側面に金具があって
     そこをあけると電池の入れ替えが
     できるという仕組み。
     信頼できるSEIKO製だから
     ダブルで嬉しいよ♪






時計って
毎日何度も目にするものだから
ひとつひとつのポイントに
とことんこだわってしまう。









oc2-lauae.jpg






数字の形やインパクト
それに針の見やすさや
フォルムやパーツの黄金比。
自分だけではなく
家族みんなの好みも重要
それにインテリアとのバランス。。











今まで使っていた時計が壊れても
つい基準が厳しくなって
なかなか新しいものを購入できずにいて。
だからこの時計を見つけたときには
と〜〜っても嬉しかった!
みんなの反応もすっごくいいの☆


家の中でもっとシンプルに
街角を再現できるような
場所はあるのだけれど
シンボルクロックとして
人が集まる温かみのある場所に
飾ることにしました。
両親の故郷
そして私も生まれた街・小樽が
いつでも身近に感じられる気がして。
目を向けるたび
郷愁漂うクラシカルさに
想い出を重ね合わせたり
するんじゃないかな。



oc1-lauae.jpg



    
     グリーンやお花をあしらうのも
     めぐる季節を感じられて
     時を囲む世界にも
     一層幅が広がるよね。
     バラが綺麗な今
     庭のコーネリアを添えたら
     セピアな印象だった時計が
     生命力を得たよう。
     あの時代の街の一角から
     そっと切り取った光景が
     ほら目の前に*




2011年09月19日

Think Bee! *Stylish Autumn*

think1-lauae.jpg



Think Bee!












キュートで遊び心のある
バッグや小物が大好き
『Think Bee!』

今季のテーマは
"Stylish Autumn"



ピンクとブラックを基調に
おなじみのハートモチーフや
アニマル柄に加えて
中世の絵画を思わせるような
古典花柄が
とても雰囲気があって
うっとりしてしまいます。


ph28.png

私の一番のお気に入りは
#28ハイカレンダリオバッグ。

イタリア・テキスノヴア社の
ゴブラン織りに
スワロフスキーをちりばめて描いた
贅沢なブーケの世界。






   think4-lauae.jpg

   THE NATIONAL GALLERYに
   展示されている
   1772年・Jan van Osの作品
   ”Fruits,Flowers and Fish”のようで
   大きく開いた花の存在感が
   色をおさえた秋冬の装いに
   華を添えてくれそう。
   膝丈フレアスカートと
   編み上げブーツにあわせて
   軽やかさを組み入れ
   コーディネイトをしたいな。







ph13.png



内側も凝って
リバーシブルにもなる
ラヴィアンローズな
#13はピンクサファイア。
丸や三角の赤いストーンが
コロンコロンと
口元にリッチ感を添えて
輝いています。






think3-lauae.jpg
   横長のバッグは収納抜群!
   傘やマイボトルも
   ゴツゴツしなくてすっきり。
   丸いフォルムとスパンコールが
   女性らしい印象で
   シャープなブラックの
   パンツスタイルにも映える美しさ。










そして
ヴェルヴェットの服にあわせたいのが
#34のフラージェビーズバッグ。
トルコ製の
ジャガードの上に織り成された
魅惑的な花ガーランドの世界。

ph34.png














8551_01_01_05.jpg


   洞窟の中を
   さまよい歩いていると
   突然目の前に飛び込んできた
   秘密の場所の光景かのように。
   クロコダイルの型押しが
   リズミカルな花柄に
   高級感を添えています。
   このバランス可愛すぎる!!












1つの商品のなかに
色や素材・ディテールなど
様々な仕掛けがちりばめてあって
いつもワクワクしてしまう
『Think Bee!』

9月27日(火)まで
高島屋 横浜店にて
フェアを開催中です〜☆




posted by lauae at 22:01| f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

ecotova × Alice

alice2-lauae.jpg





ecotova × Alice














震災支援チャリティTシャツ
大好評のecotova.
独立サイトのオープンで
ますます活気に溢れています。
ecotovaのバリエーションは
知る人ぞ知る
レアな生き物をテーマとしたり
歴史や文学を織り交ぜたりと
1つの商品の中に
沢山の発見があって
宝探しをしているような
ミラクル気分になるのです。


なかでも私の大好きなモチーフは
ベニテングダケ。
こちらはecotovaでも人気のシリーズで
きのこの分野ではとっても有名な方が
イラストを担当されています。


ヨーロッパでは幸福のシンボルとされ
ルネサンス期の絵画や
ディズニー映画に登場したり
それに遊園地でも・・・
こんなきのこ、見たことあるよね!


『不思議の国のアリス』の
”ときどき混乱する世界”は
ベニテングダケが引き起こす
視覚的幻覚症状を題材に書かれたのでは?
とも言われています。


20年以上大切にしている
『不思議の国のアリス』の
挿し絵には・・・






alice-lauae.jpg



          ちっちゃくなったアリスと
          きのこ〜〜
          












"The people―could you patent the sun ?"

イギリスの細菌学者・ジョナサン・ソークが
残した名言を
イラストに添えた可愛いTシャツ。
私はGM・シティグリーンの
『ベニテングタケA 7分袖レディースTシャツ』が
お気に入り。
フェミニンさをプラスしたシルエットと
絶妙な袖丈。
苔生す森の中に存在感あるきのこが
ヴィヴィッドに映えるイメージで素敵!!

beni-lauae.jpg
首にはチョーカー
ブラックの軽やかレース付カーディガンに
ブラックのフレア&プリーツミニスカートで
足元はがっしりとレースアップブーツ。
そんなゴシックガーリー風に
コーディネイトしたり
ブラウンカーキのカーゴパンツに
重量感あるシルバー&レザーアクセサリーで
ハードカジュアルに仕上げたりと
色々な表情を楽しんで☆
どんなシーンでも
キュートなベニテングダケは
キラリと目をひくこと間違いなし!


自然と情熱に満ちたコンセプトで
心やすらぐとともに
胸打たれる感覚のecotova.
猫仙人さん
山や自然がとってもお好き。
Tシャツはその凝縮した空間に
選んだ人の感性が表れるから
本当に好きなものを纏いたいよね。


5月31日までに
メルマガ登録をすると
私のブログの
サイドバーに載せている様な
素敵なトートバッグ(柄はお楽しみ☆)の
抽選プレゼントもありますよ〜


幸福のシンボル・ベニテングダケ。
目にされた方々に
幸運がいっぱい訪れますように♪

posted by lauae at 22:10| f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

autumn

gri









autumn











昨年フランスで出逢った きのこたち。

マルシェにもたっぷり、秋が並んで。









cham




きのこいっぱい!

造形美と彩であふれた

きのこのガイドブック。

ネイチャーはもちろん、

アロマや天体、

ヒーリンググッズなども充実の

神秘的なお店

Nature & Decouvertes にて購入

眺めているだけでワクワク〜





キュートなキーホルダーと 栄養たっぷりきのこ調味料は

Eghisheim の La boutique du Champignon で。

とにかく きのこグッズであふれたお店。

その中に、妖精やノームの絵本もディスプレイされていました。

しめじのフランス風ヴィネガー漬け、おいしかった〜♪








hansi




Hansi のボックスの中に

こっそり隠れていた・・・








mush




ガトーきのこ。

ピンクとホワイトのシュガーをまとって

おめかししながら お昼寝中。




ベッドの茶色いころころたちは

オランダから・・・






半年後 こうなりました **


posted by lauae at 15:35| Comment(8) | TrackBack(0) | f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

Present


July
















Present*









ハワイアン リボンレイ を オーダーくださった 紫の似合う貴婦人さま から

素敵なプレゼント を いただきました♪

どこまで食べていい〜〜??と、

連なるスイカ柄 が 楽しい パックンポーチ。 か〜わいい〜〜!











季節を楽しめる オリジナルFDカレンダー。

そして リボンレイ も 写真に。。。 どっきり & 嬉しい〜☆




purple lavender










  育てられた ラベンダー の
サシェ。

  紫色 に 包まれて*











10







  秋が来ても 冬が来ても・・・

   うちでは 貝 と 一緒かも^^
















roserose





  貴婦人 の バラ、お手製シール に されて。

  イギリスのバラの切手 に 雰囲気 が 似ていて、

  漂う 気品 と センスのよさ に

  うっとり で ございます。











本当に ありがとうございました! 大切に 使わせて いただきま〜す♪♪






posted by lauae at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

Favorite flower


Double heart

 

 

 

『 好きな 花 は? 』

 

 

 

 

 

すっかり 海 と 夕日 を 眺める 生活 が 定着 している 今 の 私 には、

表参道 は 異国 の 地。

そこにある 本社 に 久しぶりに 足 を 運び ました。

ワタクシ、しばらく 仕事 を 休ませて もらって いるので、挨拶 を しに、はるばる と。。

で、オフィス で 対応  して くれた スタッフ から の こんな 質問。

 

『 好きな 花 は ?』

 

好きな 花 って、時代 と ともに 変化 しています。

草花 っぽい、淡い 色合い や、高橋永順 の あしらい が 好き だった ことも ありました。

ブルー・紫系 の 花 が 好き に なったり、グリーン色 の 花 が 好きに なったり・・・

なんでも、社長 が 花束 を くださる そうで、その リクエスト を 聞いて くれた との こと。

こんな 季節 だし、

『 トロピカル系 の お花 が いいな♪ 』

と 答え ました。

 

こんな 季節 じゃなくても そういってると 思う けど ・・・??

 

そう、ここ 数年 は、南国風 が 好きですね〜。 長持ちするし、心 も お部屋 も 明るく なる!

ハート の 形 の アンスリウム や オレンジ の モカラ 。

モンステラ や ベアグラス と ともに、エキゾチック な花 あわせで、寒さ 知らず〜〜

 

社長、ありがとうございました♪





posted by lauae at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

Hokkaido


Hokkaido

 

 

 Have a break!

  (って聞いて、宮沢りえ 思い出しちゃう?)

 

 

 

北海道、食 の あれこれ 盛り合わせ。

ちょっと前に、隣の街 で 開催された”北海道 物産展”で 購入の、

ハスカップ ジュース フリーズドライ ハスカップ

ハスカップ キャラメル や ハスカップ ティー は 食したことが あったけど、

お味そのまま の もの は 今回 が 初めて。 海原純子 先生が、”ブルーベリー より

おススメ!”と おっしゃっていたのが 記憶 に 残っていて、”体 に いい 食品 ヲタク”の 私、

今年 の 物産展 にて 入手。さて その お味 は。。

 

ジュース は 普通 に ジュース。フリーズ ドライ は、しっかり 気にして 味わうと、

それとなく 後味 が ノニ っぽい??やっぱり、野生の果実 は そういう系統 の 味 なのかなあ?

ちなみに、両方とも、池田ワイン製菓 の ものです。

 

そして、右 に 見える ポテト の ようなものは 。。。

ただいま、北海道 で 猛威 を 振るって 大人気 の じゃがポックル で ございます♪

旅行 した 際、お店 で 有るか 尋ねても、

「あるわけないでしょう?そんな 人気あるもの、私 だって 食べたことないよ!!」

と 言い返された 知り合い が おりました。。

幸いなことに、先週 父 は 千歳空港 の お店 7件 回った 末 ゲット!それが こちら。

本当 は もっと ほしかったけれど、人気商品 なので 3箱 しか 売ってくれなかったそうです。

そんなに おいしいの??と、口 に 入れて みました ところ・・

 

 

や っ ぱ り 、 お 〜 い 〜 し  ぃ  ぃ  〜〜 ♪

 

 

新鮮 な お芋っぽさ が しっとり 伝わる きめの 細かさ と、ほどよい 塩味。 後 を ひくぅ〜〜!

次 の 北海道 物産展 には 回ってくるかなあ?この 商品 。

全国展開 してくれれば いいのにねえ。。  カルビーさん、どうかしら〜??販売日時はメルマガで予告!数量限定 じゃがポックル





posted by lauae at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | f a v o r i t e | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする